読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛に溢れた世界より

だれかを、好きになりたくて仕方ないんでしょ

だからなんやねんのお話


ただの愚痴です。そして誰かの気分を害することも分かってます。

でもそれだけわたしの気持ちも晴れないんです。



スクールカースト、という言葉がある。(意味は検索かけてもらえればいくらでも出てきます。)

本来存在してはいけないものだとわたしは考えてる。誰かを貶さないと、下に見ないと、自分の存在が証明できないような小さい人間にはなってほしくないからだ。

でも、現実はそう甘くない。実際には存在する。それも上にいる者ほど下に見ていることには気付かない。

(あまりこういう言い方はしたくないけど)下にいる者は、息詰まる思いをする。

学級ってのは1つの大きな円を描ければいいんだけど、実際は小さな円が複数個作られるような空間。それをいかに繋ぎあわせるかが学級担任の務めなんだろうけど。(担任は一番遠い子と手を繋げと言われる)


まあいいや。


単刀直入に、わたしが一番気に入らないのはカースト上位が下剋上されたときの振る舞い方。突然悲劇のヒロインになれるその神経が分からん。

散々上位アピールして、その言葉の端々に下位をバカにしてる(無意識なんだろうけど)くせに、下から叩かれた瞬間泣き真似を見せてくる。周りの仲間から同情を買って「私は可哀想」のレッテルを貼る。



とんだ芸風だな!!!

と笑い飛ばせるくらいの心の広さがわたしにあれば、こんなにモヤモヤもしなかったんだろうけど。

今笑い話にできるくらいになったからいいんだけど、昔わたしもよく上位の人間にバカにされてたから(いわゆるイジメってやつ)、こういう形で話が終わっていくのが正直気に入らない。

結局時間が経てばまた復活する。復調する。無意識に人を傷付ける。



嫌なら見るな。が一番の対策だなんて思わない。それは逃げてるだけ。ネット上の話なら嫌なら見るなで一刀両断なんだけどね。

自分が上位って自覚してる奴ほどタチの悪いもんはねえからな。


あ〜〜ほんと嫌なところに突っ込んでるわ。仕事行ってきます。