読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛に溢れた世界より

だれかを、好きになりたくて仕方ないんでしょ

見境のないオタクの成長記録

そう呼ばれるようになった所以を残しておきたい。3年間を振り返ろう。

 

特撮に始まり2.5次元・若手俳優、女性アイドルそして2015年には遂にまた違う道に手を出した。きっかけはどれも単純。そこに推せる子がいたからだ。

 

 全ての始まりは『仮面ライダーフォーゼ』今や大人気になった福士蒼汰くんのデビュー作品である。けれども私は福士くんにはハマらなかった。

あのとき私が落ちたのは高橋龍輝くんだった。

フォーゼにおいて桁違い(ひいき目)の演技力・存在感を発揮している彼しか見えなかった。これがオタクの始まりである。

高橋くんにハマりもっと彼の演技を見たいと次に手を出したのが『ミュージカルテニスの王子様』一言で表すと沼だった。

私がテニミュを知ったときは既に2nd(確か関東立海)公演中であったにも関わらず、毎日1stの動画DVDを暇さえあれば再生していた。1週間ほどで1stのキャストのほとんどの顔と名前を一致させ、なんなら代まで把握していた時は恐怖さえも感じた。

1stは完結していたので実際にこの目で見ることができなかったのは大変惜しい。もっと早く知りたかった。その気持ちが大きかったからか2ndに落ちることなく順調に1stを勝手に回顧しながら特オタの道を歩むつもりだった。

DreamLive2013に行くまでは。

 

チケットとれたよ!と友人が誘ってくれたので行くことにした。「誰も分からないけどいけるかな~知ってる曲あるかな~」と話していた。ちなみにゲストが中河内さんだったから行ったといっても過言ではない。なぜ高橋くんゲスト回に行ってないのかは秘密である(単純にチケットがなかったから)。

公演は楽しかった。よく分からない中でもすごく楽しめたし、心の中は(2ndって、たのしーじゃん!)と天衣無縫にあった。アンコール曲で何名かとハイタッチをしたためかすごく楽しかったという記憶しかない。

後日握手会が開催され、友人が行くというので私もCDを2枚購入し参加した。

最初は青木くんと握手したいと思い、レーンに並んでいたが如何せん人が多い。さすがキングだと思った。考えることが非常に小並である。アルバイト前で時間もないし昨日見たな~と軽い気持ちで隣のレーンに移った。だがこれがいけなかった。

私はレーンを変更したことで白洲迅くんと出会ってしまった。困った事件である。

なぜ彼に落ちたのかは未だに分からない。

まあこうしてめでたく白洲くん落ちをし、次の夏の全国氷帝戦公演は必ず観劇すると心に誓った。そして観劇し、本格的に白洲くんを推すことを決めた。だが白洲くんの舞台やイベントはなかった。

 

その間にPASSPO☆ちゃんに出会った。第三の推しである。

大学の友人に誘われたが、「PASSPO…?ああウィザードのコヨミちゃんか」という印象しかなかった。まだこの頃は辛うじて特オタである。

フライト(ライブのこと)に行き可愛いだけではないダンス歌MCに惹かれ、ああなんだこの子たちは!!と興奮気味に友人に感謝を伝えたことはよく覚えている。

家に帰ればすぐ動画を探し見続けた。その中で推しを見つけ、ああこの子が好きだ。応援したいとなってしまった。テニミュ現象の再来だった。ただし今は箱推しである。オタク活動は縮小中だ。

 

話は白洲くんに戻る。3月に行われたイベントに参加したのだ。そのイベントをきっかけに再び白洲くんに落ちていった。

4月の大運動会では初の遠征をしてみたり、数日後のイベントも大学の講義が終わった瞬間ダッシュして会場に滑り込んだ。

白洲くんを推せるだけで幸せだった。彼がこの世に存在することが幸せであった。

お金をかけずにオタク活動をしたい私はそれだけで十分であった。

それからもさまざまな舞台やイベントに出向き、それきっかけの友人ができたことも私の人生において大きな出来事であった。リアルなお友達より濃い関係である。

DL2014は神戸埼玉とお邪魔し白洲くんがThisismybestを歌って踊る姿を見て涙を流したことも記憶に新しい。

また12月のイベントにも出向き自チケ史上最高の座席で白洲くんを堪能しオマケまで楽しませてもらった。白洲くんとのトンチキな会話は辛いときに思い出すと効果的だ。

 

毎月舞台イベントに駆け回った2014年は大変いい1年であった。

きっと2015年もこんな年になるんだろうなと思いながら。

 

結論からすると2015年はジャニーズ落ちをした。

きっかけは年明け早々友人から見ろと送られてきた何本かの動画である。

白洲くんが出演した「ごめんね青春!」で共演していた重岡大毅くんが所属するジャニーズWESTの動画である。

「ええじゃないか~!!!」と歌う意味が最初分からず何もよくねえよとマジレスするしか能がなかったが、ある動画で(この子を推したい)となった。

それが小瀧望くんだった。

後輩からの感謝の手紙に涙する彼を見て、なんていい子なんだ。気付いたら私も泣いていた。そのときはWESTのメンバーもまいジャニの子たちもよく知らないのに。

それから毎日WESTの動画を見て(テニミュ現象)、アルバムを借り毎日聞き込み、文字通り彼らに落ちていった。

ジャニ誌や写真集を買ったり、様々な媒体を通して見たりすることで幸せを感じていた。

生きているうちにジャニーズを推すことはないだろうと思っていたがまったく違った。これは推し甲斐がある。というか推し甲斐しか感じられない。私生活にうるおいがないため非常によい栄養剤である。

初めて初回盤と通常盤を買ったりテレビ番組の録画に必死になったりしている。今ではバックにつくジュニアくんたちにも興味深々だ。みんなかわいい。これがDDかとしみじみ感じている。

だが不思議と現場に行きたいとはならない。5月にSexyZoneのコンサートにお邪魔させてもらったが、これは現場主義にはならないと痛感したからである。WESTのコンサートも申込みはしたが当たらずだった。今では当たらなくてよかったとさえ思っている。

きっと楽しいとは思う。だが私にとって彼らは2次元だ。この理由はまた今度書き残したい。

 

長々と綴ってきたがこれが見境のないオタクと呼ばれるまでの出来事だ。当の本人はまったく思っていないが周りから見ると見境がないらしい。

「可愛い子たちに可愛いといって何が悪いんだ!!!」

これは声を大にして言いたい。